喘息の発作と治療薬

喘息,セロフロ

喘息の発作が起きたら、即効性のあるβ2刺激薬のサルタノールインヘラーやアスタリンインヘラーを使って発作を止めることが重要です。
喘息の発作の治療薬としてよく使われるのは、β2刺激薬です。

 

β2刺激薬で喘息の症状が治まらなかったり、重度の発作が起きてしまった場合はすぐに病院に行ってください。

 

喘息の症状やβ2刺激薬を使っても改善されない場合は、喘息の長期管理薬について医師に相談することを勧めます。

 

喘息の発作治療薬
β2刺激薬
気管支を広げる作用が強いのが特徴です。
速効性があり、喘息の発作が起きた際に、すぐに呼吸を整えてくれる吸入薬です。
よく使用されている噴霧式の器具の場合、吸入補助器具を使うと、そのまま吸入するより効果的です。

 

1回の吸入で効果が得られない場合は20分間隔で吸入してください。
3回目の吸入しても改善されないときは病院に行って相談してください。

 

テオフィリン薬
気管支を広げる働きと、炎症を抑える働きをする治療薬です。
ゆっくりと効果が出る徐放薬が長期管理薬として使われます。
すぐに効果が出るタイプの内服薬もあります。
どちらも喘息発作の治療薬として使用されます。
発作で病院に行った場合、注射薬を使うこともあります。

 

経口ステロイド薬
吸入薬とは異なり、経口薬になります。
経口薬は喘息の発作が起きたときに使用します。
β2刺激薬ほど速効性はありませんが、炎症の悪化を抑え、喘息の発作に効果が高いお薬です。
β2刺激薬を使っても発作が治まらない場合や、中程度以上の発作が起こった場合に経口ステロイド薬を使用します。
発作後、数日間の服用をすることもあります。

 

抗コリン薬
自律神経の副交感神経から出る気管支を縮めるアセチルコリンという物質の働きを抑え、気道を広げる吸入薬です。
β2刺激薬と併用するケースもあります。

 

治療をしないと炎症が悪化する

 

現在、喘息を完治させる治療法や治療薬はありません。
ですが、近年の研究で開発されている治療薬を使用することで、発作が起こらない状態を長期間続けることが可能になりました。
発作が起こらない状態を長期間続けるには、喘息の原因の炎症を抑える治療を毎日継続することが必要です。
炎症の治療を行うことで、少しずつ咳が出なくなります。
しかし、少しずつ咳が出なくなることで、すぐに薬をやめてしまう人がいます。

 

勝手な判断で薬をやめてしまうと、気道の炎症が再び起こります。
そうなってしまうと、またすぐに発作が起きてしまいます。
自分の判断で勝手に薬をやめる前に、医師に相談してください。