喘息とアレルギー

喘息,セロフロ

喘息の原因の一つに、アレルギーが関係していることがあります。

 

実際に喘息の症状がある人にアレルギーのテストをすると、何かのアレルギーを持っているということがほとんどです。

 

特に、子供の場合はアレルギーが原因で喘息になっていることが多いと言われています。
しかし、成人になってからの喘息の症状が出る場合は、アレルギーだけが原因ではない喘息もあります。

 

よくあるケースでは、自律神経やホルモンバランスの乱れ、重度のストレスなどということでも、喘息の症状はあらわれるのです。
ですので、喘息になったからアレルギー体質ということではないのです。

 

喘息患者の約70%人が、喘息の原因『アレルゲン』を特定できているのです。
なので、アレルギー体質の人は喘息になりやすいと言えるのかもしれません。

 

喘息の発作を起こすアレルギー物質には、多くの人に反応があるものは、
・ハウスダスト
・カビ
・ダニ
・ペットの毛などです。
特に家ダニは、ハウスダストに含まれることが多いです。

 

喘息の症状がある人を調べると半分以上の人がダニにアレルゲン反応をします。

 

半分以上の人がダニにアレルゲン反応を起こしていることがわかっているので、掃除がしやすいように、フローリングにしたり、ペットは飼わないようにするなど対策もできます。

 

また、常に部屋を清潔にしておく、生活環境を改善することで、喘息予防には効果があります。

 

喘息の症状を悪化させないようにするため、一番重要なことは、発作を繰り返し起こさないようにすることです。。
喘息の発作が起こる原因が何なのかを知っていることが、とても大切なのです。

 

他にも、食べ物や薬が原因で発作を起こすケースもあるので、喘息の症状がなくても検査をしておくと、突然起こった喘息にも対応がしやすくなります。

 

喘息には、原因物質が特定できている『アトピー型』と原因物質がわからない『非アトピー型』があります。

 

成人になってから喘息を発症した場合は、非アトピー型が多いと言われています。

 

ほとんどが喘息とアレルギーが関係していることが多いので、喘息の発作を起こりにくくするためには、アレルギーの原因となるアレルゲンには、なるべく触れないようにする生活をすることで喘息予防になります。